「こうち絆ファーム・TEAMあき」に行ってきたよ!

安芸市にある「TEAMあき」は、精神疾患や障害のある人、引きこもりなど、生きづらさを抱える人たちをサポートする農福連携の一般社団法人「こうち絆ファーム」の仕事場の一つ。この日はたくさんのナスの袋詰め作業をしていたよ。

案内してくれたのは、高知県安芸福祉事務所の公文一也さん。以前、安芸市は県内で一番自殺する人が多い地域で、自殺する人をなんとかして救いたいという思いから、平成25年に警察、病院、消防、安芸福祉保健所などが連携して「自殺予防ネットワーク」を発足したんだ。ある時、社会との繋がりをなくし、生活に困窮していた男性とコンタクトを取ったネットワークの支援者が、ナス農家さんにアルバイトをさせてもらえるようにお願いしたんだって。すると、男性は仕事にやりがいを感じて熱心に働き、人手不足に困っていた農家さんも喜んだんだって!ここから安芸地域での農福連携が始まったんだ。

安芸地域はナスの生産量日本一!だけど、高齢化が進み人手不足も深刻で、農家さんたちにとっても心強い担い手登場となったんだ。引きこもりや精神疾患を抱えた人たちが仕事をするのは難しいことだけど、農家さんたちの協力で「できることを少しずつ」やっていくことで、生活リズムが整ったり、自分に自身が持てたり、働く喜びにもつながっていったんだって!土づくりから水やりなどのお世話、収穫、袋詰めまで、農業にはたくさんの作業があって、一人一人の特性にあった仕事ができるのがいいんだって。栽培技術を身に着けて、自分でハウスを建てて就農する人もいるそうだよ。

今では酪農、炭焼き、アオノリ養殖など働く場も増え、組織を横断してたくさんの人が関わって大きな力を発揮している安芸地域の農福連携。元気な笑顔があふれていたよ!

高知県安芸福祉保健所

安芸市矢ノ丸1丁目4-36

TEL0887-34-3177(健康障害課)

FAX0887-34-3170(健康障害課)

自殺予防ネットワークを立ち上げ、農福連携を推進してきた公文一也さん(高知県安芸福祉保健所健康障害課)と一緒に